今より楽に生きれるように、やってみたいことををやってみる暮らし
日本語教師

日本語業界のきっかけ〜自分を大切に楽しく愛情と共に生きていくために〜

スマイリーマークのたくさんのバルーン

私が、日本語教師の資格をとったきっかけは、
自分が楽しく愛情を感じて生きていくために、
取った方がいい資格だと思ったからです。

私は、昨年まで正規公務員として9年間働いてきました。

その前は、イギリスで12年間暮らしていました。
デザイン大学を卒業後、イギリスのファッション系列の会社で
テキスタイルデザインをしながらお店の店長をしていました。

日本の大学では、中学校と美術教員の免許を取得しました。

今年の4月からは、契約社員として外国人支援の業務に携わって
います。


「働くための日本語」の教材を企画したり、高校等で、
多文化共生に関する講座の企画などしています。

また、海外にルーツのあるこども達や外国人住民の方々に
向けての日本語教室の運営に携わっています。

本当に色々考えた結果の転職です!
公務員辞めるのはありえない、おかしい、とかなり人から言われました。

私は、国を問わず、こどもから大人まで、一人ひとりが自分なりに「自分の将来や特性」を考え、人生を楽しく歩んでいけるように、私ができることがあれば、自分の能力や経験を使って、人の人生に関わっていきたいです。
そういったことをお仕事にして生きていきたいと強く考えています。


自分自身もその仕事内容に愛情と充足感を持ちたいです。

今年から、どんどん行動していき、やりたいことを実現していきたいと
考えていますが、考えていたようには物事がうまく進まないこともあリ
ますので、悲しかったり自分の状況にイライラしてしまうこともあります。

今は、日本語教育に関係している方で、「自分を大事に」「人を大事に」した働き方をしている日本語教育に関わっている方々や、資格を使って自分なりの働き方をされている方々とつながっていきたいです!

日本語学校で働いている知人は非正規雇用なので、4月の1ヶ月の給与が2,000円でした。

また、オンラインのレッスンでも、価格競争で、自分のレッスン価格を安くしていくのではなく、クライアントさんが望むような、自分の日本語レッスンを確立していきたいと思っています。

言葉で言うのは簡単ですが、それを実行していくのはなかなか難しいです。人とつながっていきながら、みんなで、より各自が望む仕事をしていけるようになったらいいなと考えています。

私はどこにもいま所属していないので、フリーで日本語を教えていらっしゃる方とも繋がっていきたいです。

現在、ボランティアでも、海外にルーツのある子ども達や、不登校の子ども等に英語を教えたり、宿題を手伝っています。自分で自分のやりたいことや生きていきたい方面を自分で考えて行動できるように促すことを大事にしている団体で、私はそういったことを大切に考えています。

また、フリースクールで美術やデザインを教えていく予定です。

資格であれば以下の免許や資格を取得しています。
↓  ↓  ↓  ↓

●日本語教師養成総合講座(420時間以上)修了

●国家資格 キャリアコンサルタント 取得

●中学校一種美術免許及び高校一種美術免許

●ロンドン芸術大学の一つの大学:
         テキスタイルデザイン学士号

●大阪府 教育サポーター育成研修受講証明書取得

●多文化共生マネージャー認定証書取得
(多文化共生マネージャー養成コース修了)

●2級ファイナンシャル・プランニング技能士 取得

以上、みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Uchiga-ilife
Uchiga-ilife
今の自分とこれからの自分を大切にするため、やれること、やってみたいことをやってみて、それを発信するマガジンです。国際結婚(イギリス人)・副業・美術教師・キャリアコンサルタント・日本語教師・テキスタイルデザイナー・ヴィンテージマニア・心と体のメンテナンスなどについて書いています。