今より楽に生きれるように、やってみたいことををやってみる暮らし
キャリアコンサルタント

後悔しないキャリアコンサルタント養成講座の選び方について

自分にとって、後悔しないキャリアコンサルタント養成講座を選ぶにはどうしたらいいか?

この記事では、キャリアコンサルタント養成講座の後悔しない選び方について書いています。

キャリアコンサルタントってどんな人?

  1. キャリアコンサルタント国家資格とは
  2. キャリアコンサルタントの役割とは
  3. キャリアコンサルタントになるには
アイデアを鉛筆で書く

1. キャリアコンサルタント国家資格とは

キャリアコンサルタント国家資格とは、学生や求職者、そして在職者等を対象にして、職業の選択や能力開発に関する相談や助言を行う専門職です。

2016年4月に、職業能力開発促進法にキャリアコンサルタントが規定され、国家資格となりました。
この資格を所得しない場合、「キャリアコンサルタント」または、似たような紛らわしい名称を用いることができません。
また、キャリアコンサルタントは登録制の名称独占資格とされており、守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されています。

人によっては、肩書きとして「キャリアカウンセラー」、「キャリアアドバイザー」と名乗る方もいらっしゃいます。

2. キャリアコンサルタントの役割とは

「キャリアコンサルタント」とは、キャリアコンサルティングを行う専門家(専門職)です。

主な業務として、就職希望者や労働者を対象にして、職業の選択や、職業生活設計(簡単に書くと今後のキャリアプランです)そして職業能力の開発や向上(資格取得の相談や、現在までの職歴からどんな分野で活躍できる可能性があるか等の相談もすることができる)に関する相談を行ったり、助言及び指導も行います。
上記のような相談のことをキャリアコンサルティングといいます。

キャリアコンサルティングを通じて、コンサルティングを受けられた方が、自分が何が好きなのかなど適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、世の中にある仕事についても理解することで、自身に合った仕事を主体的・自主的に選べるようになることが期待されています。

窓を背景に大きなテーブルで女性が年配の男性と話している

3. キャリアコンサルタントになるには

キャリアコンサルタント国家資格は学科試験と実技試験の両方に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することにより「キャリアコンサルタント」としてようやく名乗ることができます。

なお、学科試験は、特定非営利活動法人日本キャリア開発協会特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会が共同で、同一日に共通問題で行います。
この資格は更新制で、キャリアコンサルタントは5年ごとに更新を行い、最新の知識・技能を身につける必要があります。

実技試験については、実施団体によって傾向が異なりますので、ご自身が受験を予定されている団体の傾向に合った対策をされるのがベストだと思います!

本当に自分に合ったキャリアコンサルタント養成講座の選び方

私は、以下のことを軸にして学校と講座内容を選びました。

  1. フルタイムで働きつつ、自分で決めた期間内で講座を修了できる
  2. 公務員だったので教育訓練給付金制度が受けれなかったので、自分で準備できる受講料であること
  3. 学科の授業を受講できない場合、他校で無料で受けられる、または代替授業が無料で受けられる
    (通学しやすい場所にある学校である)
  4. 講師の教え方が自分に合っている。講師の方々のブログやSNSをチェックする

1. フルタイムで働きつつ、自分で決めた期間内で講座を修了できる

私は、フルタイムで働いていましたので、平日の夜間や週末に通学できる学校を探しました。

カリキュラムスケジュールで、週末に講座を開催している学校を探しました。
キャリアコンサルタント養成講座のスクーリングでは、受講者同士でグループワークが毎回あります。

私(Uchiga)が受講した講座では、毎回グループがシャッフルされていたので、いろいろなバックグラウンドの方と知り合う機会がありました。

週末の講座では、平日働かれている方が多かったです。たまに学生の方もいらっしゃいます。
平日の昼間の代替の講座に参加した時には、求職中の方や、家族の介護を終えられて今後のキャリアを探されている方、主婦の方の参加が多かったです。

最短で講座終了したい場合は、平日の昼間コースで、3〜4ヶ月で講座を修了できる学校もあります。
ただし、講座内容を詳しく調べないと、自分にとって必要や、関心のある内容が学べなかったり、実技試験対策が充実していない場合もありますので注意が必要です。


2. 公務員だったので教育訓練給付金制度が受けれなかったので、自分で準備できる受講料であること

教育訓練給付金とは、働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。
(厚生労働省HPより引用)

私は公務員だったので教育訓練給付金制度を受けられませんでした。
この養成講座は、教育訓練給付金制度(専門実践)指定講座です。
一定の必要条件を満たし、その申請すると、人によっては、講座の受講料等の70%が戻ってくることになります。かなりお得ですね!

注意点として、受講料が安い場合、講座の内容も他校と比べてかなり乏しい学校もあります。受講の時期が限定されている学校もあります。
逆に受講料が高額でも、内容が充実していない学校もあります。
私(Uchiga)の場合、まず、有名どころの学校の授業料をいくつか検索し価格比較してみて、平均の講座料を確認しました。

また受講料支払いにローンを組む場合、その手数料も事前に確認しておきました。私は手数料が低い段階の利率でローンを組みました。

あとは、講師の紹介や、知り合いからの紹介で、受講料に値引きがある学校もあります!一度、担当事務局に聞いてみてください。

髪の長い若い女性がテキストを抱えて教室に立っている

3. 学科の授業を受講できない場合、他校で無料で受けられる、または代替授業が無料で受けられる
(通学しやすい場所にある学校である)

Uchigaの選んだ養成講座は、有名どころの養成講座でした。メインに選んだ講座の開催場所は、週末を選びました。
フルタイムの仕事で残業があったり、体調が悪くなり欠席になった場合に、損をしないためにも融通の効く講座を選びました。

今は、養成講座の受講者獲得のために色々工夫をされている団体も多いと思いますので、事前の情報収集と内容確認をしてみると自分の時間を有効活用できると思います。

4. 講師の教え方が自分に合っている。講師の方々のブログやSNSをチェックする
養成講座の主催団体は、受講者獲得のために、かなり頭を使ってうまい広告を打ち出しています。

事実として、キャリアコンサルタント養成講座のSNSやホームページのイメージと現実は異なります!
講師との相性や講師の教え方は、特にスクーリングや模擬のコンサルティングの授業では重要です。

自分がイメージにだまされないように、後悔しないように、講師の方々のブログやSNSをチェックしたり、口コミ評判もオンラインでチェックして自分に合いそうな講師の方の養成講座を選びました。

また、同じ系列団体でも、各支部の校風(運営・管理方法)があります!
キャリアコンサルタント養成講座の担当者さんによっても、融通のきく方とそうではない方もいらっしゃるので、その辺りも一度運営団体に行って直接担当者さんと話してみるのもいいかと思います。

また、知り合いに自分が関心のある講座を受講された方がいないか、「つて」も探してみて、情報収集しました。
内部情報やクラスの雰囲気も分かって、学校を選ぶ上で、貴重な情報となりました。

ターコイズの壁の前で赤い服の白人男性がガッツポーズで立っている

以上、ご自身が後悔しないようにご自身に合った講座を選んでくださるととても嬉しいです。

それでは、ご質問などありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ABOUT ME
Uchiga-ilife
今の自分とこれからの自分を大切にするため、やれること、やってみたいことをやってみて、それを発信するマガジンです。国際結婚(イギリス人)・副業・美術教師・キャリアコンサルタント・日本語教師・テキスタイルデザイナー・ヴィンテージマニア・心と体のメンテナンスなどについて書いています。