キャリアコンサルタント養成講座

キャリアコンサルタントってどんな仕事をするの?後悔しない【キャリアコンサルタント養成講座】の選び方をご紹介。効率的に国家資格は取得できる!

ノートパソコンのキーボード、メガネ、ノート、ペン2本が置かれている画像の上に『「キャリアコンサルタント」ってどんな仕事? 受講を決めたあと、後悔しても遅すぎます「キャリアコンサルタント養成講座」の選び方をご紹介』と書かれている。

自分にふさわしい「キャリアコンサルタント養成講座」を選ぶにはどうしたらいいか?

この記事では、自分に失敗しない「キャリアコンサルタント養成講座」の選び方についてご紹介しています。

ぜひ、あなたの希望に一番合ったキャリアコンサルタント養成講座に通うようにしてください。

記事を書いてる私(Uchiga)は、キャリアコンサルタント養成講座の受講後、一発で「国家資格キャリアコンサルタント」試験に合格することができました!

受講前には講座の情報収集を始め、資料請求をしたり講座の説明会に行ったりしていました。

養成講座の内容とスケジュールが自分の希望とマッチしていたことと、講師の先生たちが合っていたおかげです。

記事の後半に、国家資格キャリアコンサルタント養成講座の探し方や、無料で資料請求する方法ついてご紹介しています!

よかったら最後まで読んでみてくださいね。

この記事を読んでくださった後、「国家資格キャリアコンサルタント」の資格に少しでも関心を持っていただけたら嬉しいです!

講座資料は無料で簡単に請求できますので、よかったらチェックしてくださいね。

キャリアコンサルタント
【最短60秒で無料資料請求】キャリアコンサルタント講座の資料請求はこちら

次の画像は、私(Uchiga)の特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)「国家資格キャリアコンサルタント試験」の結果通知です。

全てA判定です。

学科試験で86点(100点が満点)取れました。

第13回の平均点は、74.7点です。

論述試験では40点という結果。
受験した第13回の平均点は、論述34.5点、面接59.9点だったことを、ご参考までにお伝えします。

国家資格キャリアコンサルタント試験結果

キャリアコンサルタントってどんな人?

  1. キャリアコンサルタント国家資格とは
  2. キャリアコンサルタントの役割とは
  3. キャリアコンサルタントになるには

1. キャリアコンサルタント国家資格とは

「キャリアコンサルタント国家資格」とは、学生や求職者、そして在職者等を対象にして、職業の選択や能力開発に関する相談や助言を行う専門職です。

2016年4月に、職業能力開発促進法にキャリアコンサルタントが規定され、国家資格となりました。

この資格を取得していない場合、「キャリアコンサルタント」または、似たような紛らわしい名称を用いることができません。

さらに、キャリアコンサルタントは登録制の名称独占資格とされており、守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されています。

人によっては、肩書きとして「キャリアカウンセラー」、「キャリアアドバイザー」と名乗る方もいます。

2. キャリアコンサルタントの役割とは

「キャリアコンサルタント」とは、キャリアコンサルティングを行う専門家(専門職)です。

主な業務として、就職希望者や労働者を対象に、職業の選択や、職業生活設計(簡単に書くと今後のキャリアプランです)そして職業能力の開発や向上(資格取得の相談や、現在までの職歴からどんな分野で活躍できる可能性があるか等の相談をすることができます)に関する相談を行ったり、助言及び指導を行います。

上記のような相談のことを「キャリアコンサルティング」といいます。

「キャリアコンサルティング」を通じて、コンサルティングを受けた方が、自分は何が好きなのか、どんな適性や能力、関心があるのかに気づき、自己理解を深めていきます。

その上で、世の中にある仕事について理解することで、自分に合った仕事を主体的・自主的に選べるようになることが期待されています。

窓を背景に大きなテーブルで女性が年配の男性と話している

3. キャリアコンサルタントになるには

キャリアコンサルタント国家資格は学科試験と実技試験の両方に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することにより「キャリアコンサルタント」としてようやく名乗ることができます。

なお、学科試験は、特定非営利活動法人日本キャリア開発協会特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会が共同で、同一日に共通問題で行います。

この資格は更新制で、キャリアコンサルタントは5年ごとに更新を行い、最新の知識・技能を身につける必要があります。

注意点として、実技試験については、実施団体によって傾向が異なりますので、ご自身が受験を予定されている団体の傾向に合った対策をされるのがベストです。

自分がどの団体の受験向きなのか、資料請求などをして関心のある養成講座の内容を必ず調べてくださいね。

4.「キャリアコンサルタント」の活動していける業界

まず、「キャリアコンサルタント」の活動していける業界は、どんどん広がりつつあります。

「人生100年時代」到来といわれて久しいですが、長期的なキャリア形成の支援が、これまで以上に重要となりました。

以下、どんな分野や業界で「キャリアコンサルタント」として活動していくチャンスがあるのかご紹介します。

「キャリアコンサルタント」として活動できる場
  1. 企業分野でのお仕事(病気の治療時・育児・介護)
  2. 大学をはじめ教育機関でのキャリア支援
  3. 就労支援(再就職・転職支援・引きこもり・生活困窮者支援)
  4. スキルアップ支援(個人の学び直し、リカレント教育のサポートやパラレルキャリアの実現)

第1に、企業分野では、「キャリアコンサルタント」の活躍が期待される舞台のひとつです。
個人と組織のかけ橋となるお仕事です。

「その人らしい働き方を支援・応援する」とともに、社員の定着支援や離職防止、人材活用など、組織活性化の役割を担います。

また、がんなどの病気の治療・育児・介護など、個人および組織両面の橋渡しを行う両立支援も、キャリアコンサルタントの役割として加わっています。

次に、大学では「キャリアコンサルタント」として、日本人をはじめ留学生へのキャリア支援を行います。

就労支援分野では、再就職・転職支援に加えて、引きこもり・生活困窮者支援など福祉に近い分野でも、キャリアコンサルタントの力が必要とされています。

さらに、個人の学び直し、リカレント教育のサポートやパラレルキャリアの実現など、スキルアップ支援も役割の一つです。

以上のように、これからも「キャリアコンサルタント」の活動の場がどんどん広がりそうですね!

「誰かの力になりたい」、「人の応援を仕事にしたい」、「自分のキャリアについて考えてみたい」なら、この「国家資格キャリアコンサルタント養成講座」の受講をおすすめします。

資料は無料で簡単に請求できますので、よかったら講座を選ぶ参考にしてくださいね。

キャリアコンサルタント
【最短60秒で無料資料請求】キャリアコンサルタント講座の資料請求はこちら

自分に合ったキャリアコンサルタント養成講座の選び方

私は、働きながらの資格取得を目指していたので、以下のことを軸にして学校と講座内容を選びました。

  1. フルタイムで働きつつ、自分で決めた期間内で講座を修了できる
  2. 公務員だったので教育訓練給付金制度が受けれない。自分で準備できる受講料であること
  3. 学科の授業を受講できない場合、他校で無料で受けられる、または代替授業が無料で受けられる
    (通学しやすい場所にある学校である)
  4. 講師の教え方が自分に合っている

1. フルタイムで働きつつ、自分で決めた期間内で講座を修了できる

フルタイムで働いていたので、平日の夜間や週末に通学できる学校をに通学することが必須でした。

カリキュラムスケジュールで、週末に講座を開催している学校の情報収集をしっかりしておきました。

週末の講座では、平日働かれている方が多く、たまに学生の方もいました。
平日の昼間の代替の講座に参加したときには、求職中の方や、家族の介護を終えられて、今後のキャリアを探されている方、主婦の方の参加が多い印象があります。

「国家資格キャリアコンサルタント養成講座」のスクーリングでは、受講者同士でグループワークが毎回あります。

私が受講した講座では、毎回グループがシャッフルされていたので、いろいろなバックグラウンドの方と知り合う機会がありました。

最短で講座を修了したい場合は、平日の昼間コースなら3〜4ヶ月で講座を修了できる学校もあります。

ただし、講座内容を詳しく調べないと、自分にとって学ぶべき内容なのか、試験受験に必要な課題が学べなかったり、実技試験対策が充実していない場合もありますので、しっかり情報収集してください。

2. 公務員は教育訓練給付金制度が受けれない。自分で準備できる受講料であること

教育訓練給付金とは、働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。
厚生労働省HPより引用)

当時は公務員だったので、この教育訓練給付金制度を受けられませんでした。

キャリアコンサルタント養成講座は、「専門実践教育訓練給付制度の指定講座」なので、通常であれば、訓練費用の一定割合がハローワークから支給されます

簡単に言えば、払った受講料が戻ってきます!

「専門実践教育訓練給付制度」とは、働く人の中長期的なキャリア形成を支援するための、国の雇用保険の制度です。

一定の条件を満たした方が、厚生労働大臣の指定した講座(専門実践教育訓練)を受講した場合に、訓練費用の一定割合がハローワークから支給されます。
さらに一定の条件を満たした場合、追加支給の制度があります!

人によっては、講座の受講料等の70%が戻ってくることになるので、かなりお得な制度です。

ぜひ、この制度を活用してください!

注意点として受講料が安い場合、他校と比べて資格取得のための受験対策が不十分であったり、受講の時期が限定されている学校もあります。

逆に受講料が高額でも、内容が充実していない学校もあります…

私(Uchiga)の場合、まず、資料請求して、有名どころの学校の授業料の価格比較をし、平均の講座料を割り出しました。

「受講料支払い」にローンを組む場合、その手数料も事前に確認しておいてください。
私は、手数料が低い段階の分割利率でローンを組むことに決めました。

加えて、講師の紹介や知り合いからの紹介で、受講料に値引きがある学校もあります。
一度、学校の担当事務局に問い合わせてもいいですね。

講座資料請求は、無料で簡単にできますので、よかったら確認してください。

キャリアコンサルタント
【最短60秒で無料資料請求】キャリアコンサルタント講座の資料請求はこちら

ノートパソコンを使って、メモを取りながら調べ物をしている。女性がノートパソコンに付箋を貼っている

3. 学科の授業を受講できない場合、他校で無料で受けられる、または代替授業が無料で受けられる
(通学しやすい場所にある学校を選ぶ)

私(Uchiga)の選んだ養成講座は、有名どころの養成講座です。

講座は、週末通える講座に決めました。

フルタイムの仕事で残業があったり、体調が悪くなり欠席になった場合、授業を逃すことのないように、損をしないためにも融通の効く講座を選びました。

養成講座の受講者獲得のために、受講者目線での工夫をされている団体も多いので、事前の情報収集と講座の内容を確認がポイントになってきます。

4. 講師の教え方が自分に合っている

講師との相性や講師の教え方は、スクーリングやの模擬のコンサルティングの授業では重要です。

実技試験で失敗しないために、講師の方々のブログやSNSをチェックしたり、担当講座の口コミ評判をオンラインでチェックして、自分に合いそうな講師の方の所属する養成講座を選びました。

同じ系列団体でも、各支部の校風(運営・管理方法)があります!

支部のキャリアコンサルタント養成講座の担当者によっても、融通のきく方とそうでない方もいます。その辺りも一度運営団体に行って、直接担当者と話してみるのもいいかと思います。

また、知り合いに自分が関心のある講座を受講した方がいないか、「つて」も探してみてください。

内部情報やクラスの雰囲気も分かって、学校を選ぶ上で、貴重な情報源となりますよ。

ターコイズの壁の前で赤い服の白人男性がガッツポーズで立っている

「国家資格キャリアコンサルタント養成講座」の探す方法をご紹介

「誰かの力になりたい」

「人の応援を仕事にしたい」

「自分のキャリアについて考えてみたい」

とお考えなら、この「国家資格キャリアコンサルタント養成講座」の受講を考えてみてください。

講座資料の請求は、無料で10分程度でできます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

無料で資料請求ができる資格・スクール情報サイト【BrushUP学び】

全国の通学・通信講座情報が67,000以上掲載されています。

学びたい分野、通学・通信、スクール名から検索ができますので、あなたにぴったりの講座が必ず見つかります。

私は効率的に勉強できる通信講座を見つけることができましたし、一発で試験にも合格することができました!

講座検索だけでなく、資格の概要や合格率などがわかる「資格・スキルガイド」や、スクール体験談などの読み物記事も豊富に掲載されているので、情報収集にかなり役立ちますよ。

よかったら、参考にしてくださいね。

キャリアコンサルタント
【最短60秒で無料資料請求】キャリアコンサルタント講座の資料請求はこちら

資格取得・キャリアアップの「ヒューマンアカデミー」

ヒューマンアカデミーはキャリアアップのための資格取得、就転職を目指す社会人の方、学生の方のための総合専門校です。

校舎はすべて駅チカ。
忙しい社会人・主婦の方のためにも平日は21時まで土日も開講、週1回から学べます。

他校舎での振り替え制度もあるので平日は新宿校、仕事でいけなくなってしまったときは自宅のある千葉校で振り替え、なんていうこともできます!

グループ会社「ヒューマンリソシア」や「ヒューマンメディカルケア」「ダッシングディバ」と連携し、
専門のジョブカウンセラーがあなたの就職・転職をサポートします。
<

資格取得・就転職を目指す方のための総合専門校「ヒューマンアカデミー」
 はこちら

LEC 東京リーガルマインドの国家資格キャリアコンサルタント養成講座

LECは、資格取得を目指される方のために、受講者が受講料の面から損をしないためのお得なキャンペーンを数多く行なっています。

インターネットによるWeb通信講座、音声ダウンロード講座、スマートフォン講座など学習スタイルが多彩で、効率的に学習を進められる学習教材が注目を集めています。

キャリアコンサルタント養成講座の講座説明会に参加し、当日対象講座をお申込みされるか、ご予約後、期限内にお申込みされた方には、一般価格(10%税込)から10,000円の割引があったりするので、事務局に確認してくださいね。

さらに、自己研鑽や新たな可能性のために、キャリアアップを望まれて会社を退職された方や離職者の方には、すべての資格講座の受講料を追加割引されています。
タイムセールもあるので、こまめにチェックしてみてください。

LECは転職活動をはじめ、人生設計や生活設計のための資格取得を支援されているので、相談するときに心強いですよ。

------------------------------------------------------7月の早得(はやとく)2016/7/1~2016/7/31http://www.lec-jp.com/campaign/toku2/------------------------------------------------------
【簡単無料資料請求】LEC 東京リーガルマインド 国家資格キャリアコンサルタント養成講座
はこちら

キャリアコンサルタントの資格取得の講座は楽しいですし、自分の考え方の幅も広がり新しい出会いもあります。

受講を決めてから、あとで後悔してしまわないように、事前に資料を取り寄せて、運命の講座に出会っていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村

青と黄色の背景で、PCやノートブックのイラストがあり「独学で合格できます!実体験【キャリアコンサルタント】学科試験の勉強法について」と書かれている
独学で合格できます!実体験【キャリアコンサルタント】学科試験の勉強法についてできれば要領良く、一発でキャリアコンサルタント学科試験に合格したい この記事では、uchiga(私)の実体験をはじめ、一発でキャリアコ...

#キャリアコンサルタント 求人 副業 キャリアカウンセラー 資格 独学 キャリアコンサルタント 40代から キャリアコンサルタント 50代 キャリアコンサルタント 60代 キャリアコンサルタント lec 割引 キャリアコンサルタント うざい キャリアコンサルタント なるには キャリアコンサルタント やばい キャリアコンサルタント スクール 比較 キャリアコンサルタント デメリットキャリアコンサルタント どんな試験 キャリアコンサルタント ニーズ キャリアコンサルタント ハローワーク キャリアコンサルタント ハローワーク 給付金 キャリアコンサルタント パラレルキャリア キャリアコンサルタント フリーランス キャリアコンサルタント ライティング キャリアコンサルタント 仕事 未経験 キャリアコンサルタント 他の資格 キャリアコンサルタント 何をする キャリアコンサルタント 使えない キャリアコンサルタント 働きながら キャリアコンサルタント 分割払い キャリアコンサルタント 副業 業務委託 キャリアコンサルタント 助成金 キャリアコンサルタント 勉強方法 キャリアコンサルタント 受からない キャリアコンサルタント 受け方 キャリアコンサルタント 受験資格 キャリアコンサルタント 国家資格 仕事 キャリアコンサルタント 実務経験なし キャリアコンサルタント 実技 ポイント キャリアコンサルタント 専門実践教育訓練給付金 キャリアコンサルタント 将来性 キャリアコンサルタント 就職先 キャリアコンサルタント 年収 副業 キャリアコンサルタント 役に立たない キャリアコンサルタント 役割 キャリアコンサルタント 怪しい キャリアコンサルタント 意味ない キャリアコンサルタント 有利な資格 キャリアコンサルタント 楽な仕事 キャリアコンサルタント 活かせる仕事 キャリアコンサルタント 独学 期間 キャリアコンサルタント 登録 仕事 キャリアコンサルタント 絶対合格 キャリアコンサルタント 胡散臭い キャリアコンサルタント 若者支援 キャリアコンサルタント 試験 ブログ キャリアコンサルタント 試験 勉強時間 キャリアコンサルタント 論述 ポイント キャリアコンサルタント 講座 おすすめ キャリアコンサルタント 費用 助成金 キャリアコンサルタント 資格 仕事 キャリアコンサルタント 資格 難易度 キャリアコンサルタント 転職 未経験 キャリアコンサルタント 難しい キャリアコンサルタント 食えない キャリアコンサルタント 養成講座 マンパワー キャリアコンサルタント 養成講座 安い キャリアコンサルタント 養成講座 比較 キャリアコンサルタント 養成講座 費用 キャリアコンサルタントになるには キャリアコンサルタント資格の活かし方 キャリアコンサルタント資格取得後 厚生労働省 キャリアコンサルタント 養成