学科試験

独学で合格できます!実体験【キャリアコンサルタント】学科試験の勉強法について

青い背景にPCやノートブックがあり「独学で合格できます!実体験【キャリアコンサルタント】学科試験の勉強法について」と書かれている

できれば要領良く、一発でキャリアコンサルタント学科試験に合格したい

この記事では、uchiga(私)の実体験をはじめ、一発でキャリアコンサルタント学科試験に合格するための勉強法について書いています。

無駄な時間を使いたくない、効率的に勉強して合格したい方におすすめの勉強法です。

キャリアコンサルタント学科試験について

  1. キャリアコンサルタント試験とは
  2. 受験の申し込みはどちらの団体でするか、実技試験のためにしっかり判断して決める
アイデアを鉛筆で書く

1. キャリアコンサルタント試験とは

キャリアコンサルタント国家資格は学科試験と実技試験の両方に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することにより「キャリアコンサルタント」としてようやく名乗ることができます。

この資格は更新制で、キャリアコンサルタントは5年ごとに更新を行い、最新の知識・技能を身につける必要があります。

学科試験は、特定非営利活動法人日本キャリア開発協会特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会が共同で、同一日に共通問題で行います。

2. 受験の申し込みはどちらの団体でするか、実技試験のためにしっかり自分で判断して決める

学科試験は、同一日に共通問題で行います。実技試験については、実施団体によって合格基準の傾向が異なりますので、ご自身が受験を予定されている団体の傾向に合った対策をされるのがベストです。

例を挙げますと、クライエントに寄り添う、経験代謝、解決策を導く方が良い、といったいろいろな傾向があります。
自分が得意とされている面談方法で合格をねらえる団体を選ばれることをおすすめします!

または、現在受講されているキャリアコンサルタント養成講座で、傾向について質問してみてください。

本の上にメガネが置いてあり。たくさんの本の中から一冊の本を開いている。

学科試験の具体的な勉強法

私は、以下のことを軸にして勉強し、一発で試験に合格できました。
点数は86点(100点が満点)でした。

下の画像は、私(Uchiga)の特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)「国家資格キャリアコンサルタント試験」の結果通知です。
国家資格キャリアコンサルタント試験結果

学科試験では86点を取っています。ちなみに第13回の平均点は、74.7点でした。

受験料は高いし、働いているので勉強できる時間も限られていましたが、無事合格できました。

効率的に時間を使いながら情報収集し、勉強したことが合格できた理由だと考えています。

  1. 「国家資格キャリアコンサルタント 学科試験 要点テキスト」を最低3回は読み倒す
  2. 過去問題を3年度分する
  3. 模擬試験を受ける
  4. 労働関係のトレンド(傾向)をなんとなく知っておく

1. 「国家資格キャリアコンサルタント 学科試験 要点テキスト一問一答問題集」を3回は読み倒す

Uchiga(私)は、フルタイムで働いていましたので、基本勉強できる時間は、平日の朝と夜間、そして週末しかありませんでした。

ときには、月60時間程度の残業もこなしながら、効率的に「スキマ時間を勉強時間に変えた」ことが合格につながったと考えています。

また、キャリアコンサルタント養成講座に通っていましたので、講座では、かなりの量のテキストや教材を使いました。
正直、学科試験の受験対策では、養成講座のテキストをほとんど使いませんでした!

理由は、試験範囲がとにかく広いので、たくさんのテキストに目移りしていると、「受験」に向けた勉強ができないからです。

https://amzn.to/3slsW9K


Amazon公式のKindle版ですと値段的にお得に読めますし、スマホひとつで、いつでもどこでも「スキマ時間を試験合格につながる勉強の時間」として使えます。

また、Kindle Unlimited」を使うと、キャリアコンサルタント試験に関係する他の書籍をお得に読める(無料で読める本や雑誌、なんと洋書まで選択肢がかなり多くあります。200万冊以上から読みたい本を選べます!)」ので、よろしかったらどんな書籍が読めるのか、参考までにチェックしてみてくださいね。

いつでも好きなときに、Kindle Unlimitedのサービスをキャンセル(退会)できます。
参考までに、このサービスについてご紹介いたします。

Amazon Kindle Unlimitedについて
  • 初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能
  • 本だけでなく、雑誌や洋書も読むことが可能
  • いつでもキャンセル(退会)できる
  • 200万冊以上が読み放題
  • 好きな端末で利用可能
  • 期間終了後は月額980円
>> Kindle Unlimited 読み放題を見てみる


https://amzn.to/3P6dlV5

Uchiga(私)は、「国家資格キャリアコンサルタント 学科試験 要点テキスト」一冊のみ使いました。
1回目はざっと読んで、一問一答問題を最後まで解いていきます。

注意したいのは、一問一答問題で、かなり間違えているところもあったのですが、そのままどんどん読み進めました。

間違えたところを毎度、テキストで調べ直すと、知識取得のための勉強になり、受験に確実に合格するための勉強の時間が足りなくなります
要点もわからないまま、ある程度覚えてしまう方が効率的な勉強のためには得ですし、勉強時間を短縮できます!

1回目は、ざっと読み、2回目は間違えたところやよく出題される問題を中心に要点を読んだり、一問一答問題解きなおします。

毎日の勉強では、今日やった箇所で、間違えた部分と重点部分を翌日にさらっと復習しておくと記憶しておきやすいです。

それに加えて1週間後にもう一度、同じ内容を復習すると完璧です!

要は、学科試験は記憶ものの試験ですので、長期間勉強しても、覚えたことを何ヶ月後かには忘れてしまいます。
理想としては、2ヶ月程度、平日の朝晩に勉強するのが理想的です。

平日の朝と夜で1.5時間、土日には4時間程度の勉強。
ただし、毎日休みなしに、勉強しすると燃え尽きてしまう場合があるので、休む時も大事です。

短期集中型なら、1ヶ月でも勉強できますが、私の場合、1ヶ月だと気持ちが焦ってしまいますので、確実に時間は取れて、怠けても勉強時間を挽回できる2ヶ月スタイルで勉強しました。

養成講座の方で、キャリア教科書 国家資格キャリアコンサルタント学科試験 テキスト&問題集 で勉強されている方もいました。

https://amzn.to/3slseZX

また、限りある時間の中で、どうやったら多くの情報収集と勉強ができるのか調べていくうちに、「ながら読書(他に仕事をしながら場所を選ばず読書)」のできるAmazon公式のサービス「本が聴けるアプリAudible(オーディブル)」を探し出し、勉強と気分転換を同時にしていました。

キャリアコンサルタント関係の書籍を「本が聴けるアプリAudible(オーディブル)」で楽しみながら、知識のインプット効率を上げつつリラックスすることができました。

時間的に損をしないためにも、かつ無料で読める書籍も多いオーディブルを利用して、「聴く」読書を毎日の生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

「聴く」読書なら、情報と知識のインプット効率も上がります。何か作業をしながら、本を聞いて読めるからです。

文化庁の少佐によると、日本人の50%以上は1か月に1冊も本を読まないそうですので、1冊でも読めば上位50%に入ります。読書が苦手な友人も、この「Audible(オーディブル)」の「聴く」読書は続いているので、本嫌いの人もぜひ試してみてくださいね。

オーディブルの倍速再生は最大3.5倍までできるので、無料でかなりの量の情報収集が可能です。

私((Uchiga)の場合は目が疲れやすいので、このAmazon公式の「聴く」読書で情報収集や勉強できたことは非常にありがたかったです。

参考までにお伝えしますが、「本が聴けるアプリAudible(オーディブル)」は以下のサービスです。

Amazonオーディブルとは何か?
  • スマホなどから、気軽に40万冊以上のビジネス、小説などが聴ける
  • 最初の1冊は無料ですべて聴ける
  • 初月無料(最初の30日間は無料体験可能)その後は月額1,500円
  • 無料体験の時に聴いた本はそのまま手元に持っておける
  • いつでも退会可能
  • 場所を選ばずながら読書ができる
  • 毎月1冊は無料で読める(2冊目からは有料)
  • 会員は毎月以下の3つのコンテンツを楽しめる
    1. 自由に選べるオーディオブック1冊
    2. 無料でもらえるボーナスタイトル1冊
    3. 聴き放題のポッドキャスト
  • 買った本も365日以内であれば返品・交換が可能

よろしかったら、気分転換しながら合格のための勉強もできる「キャリアコンサルタント関連の書籍」をAmazon公式「本が聴けるアプリAudible(オーディブル)」で聴いてみてくださいね。

https://amzn.to/3ymhTRm
Audible版は聴く前にサンプルをお試しで聴いてみることができるので、その点でも安心できますよ。

以上のご紹介した2冊プラス、どうしても調べたい内容については養成講座のテキストを使えば十分です。

選択式試験の問題を解く

2. 過去問題を3年度分する

過去問題は、過去何回か分、必ず解くことが非常に大切です。

ポイントは、テキストと同じく、過去問をわからないまま最後までやってしまうのが大切です。
解答も、わからないままある程度覚えても問題ありません。

どうしても分からない箇所だけ養成講座のテキストで調べる方が効率的に覚えられます。

自分で過去問を解くと、自分がどんな設問で間違うか、どんな感じの設問がよく出ているのかが、出題傾向がわかります。
それを元に、勉強の対策ができますよ!

3.模擬試験を受ける

養成講座の運営団体や、キャリアコンサルタント試験対策をしている団体などで、模擬試験を受けます。
各団体が試験の傾向を予想しているので、実際の試験でその問題が出ればラッキーですね!
また、よく出る問題が模擬試験には入っているので、受験対策の仕上げにはもってこいです。

Uchiga(私)は、模擬試験の点数が悪かったのですが、間違った部分を中心に勉強して86点で合格できましたよ。

4.労働関係のトレンド(傾向)をなんとなく知っておく

最近話題になっている労働や雇用に関する設問が学科試験に数問、出題されることがあります。

Uchiga(私)は、メールマガジン労働情報のメルマガに登録しています。

メールマガジン労働情報も、全て覚えようとするのではなく、ざっと読んで、よく出る話題やテーマを知っておくのがいいですよ。

ターコイズの壁の前で赤い服の白人男性がガッツポーズで立っている

以上、ご自身が後悔しないように、ご自身に合った効率的な勉強法を選んでくださるととても嬉しいです。
くじけそうになる時もありますが、「期間限定で乗り切る」と割り切って勉強しましょう。合格できます!

それでは、ご質問などありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

関連記事:独【キャリアコンサルタント 論述試験対策 ポイント】独学で合格を目指す!

【キャリアコンサルタント 論述試験対策 ポイント】独学で合格を目指す!できれば要領良く、一発でキャリアコンサルタント実技論述論試験に合格したい この記事では、私(Uchiga)の実体験をはじめ、一発でキャ...