今より楽に生きれるように、やってみたいことををやってみる暮らし
外国人支援

外国人支援や外国人相談のとき注意したいこと、気をつけたいこと

テープルに座って年配男性が女性に何か書くように伝えている

外国人の人から相談を受けたとき、どうしたらいいのかわからない

この記事では、外国人の方からの相談や対応をする上で、気をつけたいこと、注意したいことについて書いています。

もしも外国人の方から相談を受けたときや、話す機会があった時は、参考にしてくださいね。

私(Uchiga)は、公務員として9年間働き、現在は国際交流・外国人支援団体で英語での相談業務を担当したり、日本語教育や日本語教室関連の業務を担当しています。

年間、外国人の方からの400件程度のご相談に対応しています。

日本人の方からは、「外国の方から相談があったとき、どう相談に乗ったらよく分からない」とのご相談がよくあります。

1.自分は、良かれと思ってしたことなのに!どうしてそんなことしてくるの?

白人男性と黒人男性がテーブルで向かい合って相談している
日本人同士でもそうですが、自分が相手のために良かれと思ってやったことが、相手にとっては望んでいないことで、逆に相手が怒ってしまったり傷つけてしまったことはありませんか。

私(Uchiga)にはその経験があります。その失敗が今の相談業務に役立てています。

日本人同士でもそうですが、外国からの方とは、生活してきた環境や文化によって、人にしてもらったことの受け取り方が異なります

例えば、「あいづちをうつ」ことがあります。
日本人は「話をきちんと聞いている」というアピールをするために、あいづちをうつことがよくあります。就職の面接試験などでも、自己アピールのためによく使いませんか?

けれでも、外国人の方の中には、話の合間にあいづちをうたれると、話を妨害されているように感じ、あいづちが相手を苛立たせることがときどきあります。

また、相手のこどもの頭を撫でることも、「頭(髪の毛)はとても神聖なもの」と考える国の方には大変失礼なことになります。

「じゃあ、これはしていいの、やったらダメなの?どうしよう」と困ってしまいますよね。
まずは、何かを相談してきた相手には、自分が行動を起こす前に「これはしていいの、それともダメなの?」と、聞いてみたらたらいいですよ。

もう一つ、とても重要なことは、国籍を問わず、自分の個人情報(電話番号や、自宅住所など)をよく知らない相手に気軽に教えてしまわないことです。

相手の精神状況(例えば外からの印象や雰囲気かはわからないけれど、実は相当精神的に追い詰められていた場合)や、相談内容が相手の人生に関わる場合、トラブルに巻き込まれる場合があります。

私(Uchiga)の場合、個人情報は教えていませんでしたが、職場の部署で、私一人になった時だけ相談に来られる方もいました。
男性の相談者でしたが、女子トイレにまでついてこられ、トイレ前でずっと待たれた経験がありました。

その時は、携帯を持っていたので他部署の同僚にセキュリティーの方を呼んでもらい、トイレから出てくることができました。

それ以降は、その相談者の方には他の職員が対応することになりました。
この体験は極端な例ですが、こういうことも、たまにあったりしますので注意してくださいね。

自分一人で抱え込まないことも大切です!

多文化共生の考え方についておすすめの本があります。
もしよろしかったら、一度読んでみてくださいね。

2.相談してきた人が一番望んでいることは何かに注目する

女性が指を絡めてテーブルに座って深く考えている横顔

「自分は人の役に立ちたい、誰かのために働きたい」と考えて、熱意を持って相談に対応することはとても素敵なことです。

でも、その熱意(=自分が、どれだけがんばっているか)「熱意の空回り(からまわり)」が目的になってしまわないように気をつけましょう。

相談者の相談内容を解決したりサポートするためには、今なにをすることが一番大切なのかに注目することが大切です。

例えば、自動車事故にあった留学生がいて、その留学生が日本語で加害者との保険金の支払いでもめている場合など、加害者の保険会社へ怒りの電話連絡をすることが大切ではありません。

第三者が事実と確認できる証拠集めや事実確認を、警察や目撃者、弁護士や外国人支援団体などと行うことの方が大切です。

3.中途半端に相手の言語がわかっているとき、相手の人生に関わることには対応しない

カフェで女性と男性がのテーブルで飲み物を片手に話している
外国の方に道を聞かれた時は、googleマップを使ったりして自分がそれほど相手の言語がわからないときでも助けてあげることはできます。
しかし、「ビザの更新」、「法律に関わること」、「労働にか関わるシビアな状況(会社をクビになったのでうっ変えられるか)」など人生にかからる相談については、話は別です。
自分が相談者の言語を中途半端に理解できているときは、相手の状況を十分に理解できていない場合がよくあります。
そんな時は、以下のことが大切です。

  • リファー先(他で適切な対応をしてくれるところ)を案内する
  • 自分にできること、できないことを相手にはっきり伝える

自分が対応するより、適切な対応をしてくれる場所を提供する方が、相手にとっても自分にとってもハッピーな結果につながります。

自分が相手にできること、したいことを自分ができる範囲でやっていくことで良い関係を築いていけます。

もし、この記事を読んでいただいて、「英語を使って、もっと外国からの方とお話したい」と考えられたなら、1984年ロンドン創業の英会話スクールがオンライン英会話の無料体験レッスンを実施中です。

無料体験講師の全員がイギリス在住のネイティブスピーカーで、「イギリス英語を学びたい!」と言う人にもおすすめです。
オックスフォードやケンブリッジなど、有名大学出身の講師が多いのもこのスクールの特徴です。

無料で体験できる時に、イギリス英語を試してみてくださいね。

ちなみに、私(Uchiga)の英語もイギリス英語です。

要点まとめ
  1. 生活してきた環境や文化によって、人にしてもらったことの受け取り方が違うことを理解する
  2. 自分の個人情報(電話番号や、自宅住所など)をよく知らない相手に気軽に教えてしまわない
  3. 相手の人生に関わる相談には、他のリファー先を紹介する
  4. 自分にできること、できないことを相手にはっきり伝える
ピンクのハートを青い壁の前で持ち上げている

以上、外国の方が困っている時や話す機会があった時に、思い出してくださるととても嬉しいです。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

何か質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。

ABOUT ME
Uchiga-ilife
Uchiga-ilife
今の自分とこれからの自分を大切にするため、やれること、やってみたいことをやってみて、それを発信するマガジンです。国際結婚(イギリス人)・副業・美術教師・キャリアコンサルタント・日本語教師・テキスタイルデザイナー・ヴィンテージマニア・心と体のメンテナンスなどについて書いています。