国際理解・多文化共生

日本で【生きるのがしんどい】時に【アジアン・ジャパニーズ】小林 紀晴 著を繰り返し読んでいたこと

モノトーンの本がたくさん置かれている。Uchiga Life 日本で【生きるのがしんどい】時に【アジアン・ジャパニーズ】小林 紀晴 著を繰り返し読んでいたこと、と書かれている。

日本は生きづらい国なのか?日本を脱出してみた旅行記はあるのか?

この記事では、日本での生活に違和感を感じていたり、アジアへの一人旅、海外旅行や海外での長期滞在に関心がある方に、おすすめしたい本をご紹介しています。

イギリスに行ってみるまで日本の大学の大学生としてくすぶっていたこと

私(Uchiga)は、中学生の頃から学校での団体行動や、雰囲気を読まなければ変な空気が流れる人間関係が苦手でした。

それでも、それなりに人との付き合いをがんばってきましたが、大学時代には自分がやってみたいことと、周りとどう付き合っていったらいいのか、とうとう分からなくなってしまいました。
コツコツ、やるべきことをやるのが必要だと考えていた高校時代、勉強を地味にコツコツがんばり、センター試験(注意:現、大学入学共通テスト)を受験し、2次テスト(論文等も)と実技テストに合格しまして、ようやく希望していた国立大学での大学生活が始まりました。

大学生活の開始当初は、大学受験に成功したという誇らしい気持ちと、全国から集まった同級生との出会いもあり、「今まで学べなかった新しいことを学んだり、新しい世界にどんどん飛び込んで、やってみたいことをできるかもしれない!」と信じ切っていました。

ところが、残念なことに大学生活に慣れてきた2年生になったあたりから、学生生活全体がなんだかモヤモヤしてきました。
毎日の生活で、初めて体験する出来事がどんどん少なくなってくるし、「非日常」だった出来事が「日常」化するし、「将来どうするか」や「就職」など、今まで自分が考えてこなかったことを考えなければいけないことにも気付き始めました。

何か考えている子ども

大学時代には、モヤモヤするだけの時間が十分なほどたくさんありました。

モヤモヤしていた主な理由は、以下のようなことです。

  • 学校をはじめ、団体に所属しての団体行動って、結構疲れる時もあるし、めんどうに感じることも多い
  • 日本という国で、大学卒業後にストレートで就職してしまったら、私はそこの職場でうまく世渡りできるのか、やっていけるのか?
  • 他の国に住んだことはないけれど、そもそも自分が日本という国で働きたいのか生活していきたいのか、どうなんだろう?
  • 日本じゃない海外の学生は、どんなライフスタイルで学生生活を送っているのか、仕事とか人生についてどう考えているのかとても知りたい。むしろ知る必要がある!

要は、日本での生活が本当に自分にふさわしいのか、海外で暮らしてみることはできるのか判断できずに、日本から飛び出したかったのにできない状態で、モヤモヤしていたんです。

最終的には、このまま自分の行動に納得できずに日本で就職したり生きていくのが絶対にいやで、大学4回生の時に休学することに決めました。

私が所属していた大学は無料で2年間休学できたので、休学して留学することに決めました。

話は少しそれてしまいますが、休学中にイギリスのテキスタイルデザイン大学に入学が決まり、イギリスでの大学生活1年目は、日本の大学の単位取得と卒業制作の同時進行でスタートしました。
最終的には、日本とイギリスの大学を両方卒業しています。

外国の大学の広い図書館

休学する前のモヤモヤ時期に出会った「いろんな世界観」を教えてくれた本


当時は「私みたいに、日本での生活、働き方に違和感を感じている人、旅慣れている大人の人って、どんな生き方をしているんだろう?この状況をなんとかしたいけど、どうしたらいいのか分からない…」
と時間があれば繰り返し考え、焦燥感でいっぱいで、イライラしていました。
とうとう、モヤモヤ感と不安に押しつぶされそうになったとき、“ヴィレッジヴァンガード”という本屋さんで、今回ご紹介する本に出会いました。

今の時代であれば、自分が欲しい情報をインターネットで簡単に検索できますが、当時は簡単には情報収集できませんでした。この本に出会った時は、嬉しくて、ドキドキして、何度も何度も読み返しました。

繰り返し読み返していたからこそ、今回ご紹介したい本は、「ASIAN JAPANESE―アジアン・ジャパニーズ/小林 紀晴 著」です。昔の本なので、かなり安い値段になっています。


https://amzn.to/3sgIrQc

「アジアン・ジャパニーズ」について

この本では各章ごとに、何らかの理由があってアジアの国々で長期滞在をしたり、日本では落ち着かず、繰り返しアジアを旅したりする日本人のストーリーが紹介されています。

日本という国で、私が当時感じていたもどかしさ」「息が詰まりそうになる気分」について、この本の中の日本人の方々も同じような不安やモヤモヤについて話されていました。

「その気持ち、わかる、わかる」とは簡単に言えないですが、「そういう不安や焦燥感は私も感じていたんですよ!」と一人頷きながら「アジアン・ジャパニーズ」を読んでいました。

若者だけではなく、高齢になってから日本を捨てて、アジアに住んでいる方の話もあります。

アジアの国の夜のストリートマーケット

この本の後半には、著者が旅先のアジアで出会った日本人と、日本で彼らと再開したその後の話も書かれています。

やはり日本が自分に合わなくて、アジアへの旅に戻る方もいらっしゃれば、アジアを長く旅したからこそ、自分が日本でどのように生きていきたいのかを決めた日本人の方々がいました

この本を読んで、日本での居場所のなさ、自分と同じような気持ちで、海外に飛び出した人達がたくさんいることがわかって、とても安心しましたし、イギリスに飛び出すまでは、この本に励まされました。

「まずは関心のある国で、自分がやってみたいこと、体験してみたいことをできるだけしてみよう!」と考えられました。
それが私(Uchiga)にはイギリスでした。

行動してみて、その上で、将来どこに住むか、どんなふうに生きていきたいのかは、その時その時に決めていけばよいではないか」とも考えられるようになりました。

結局、イギリスには12年ほど住むことになり、今は日本で暮らしています。

イギリスに住んだからこそ日本のいいところにも気づくことができましたし、日本の文化で自分が苦手な部分は、自分がどう対処していったらいいのかにも気付くことができました。

今は、海外とのつながりを感じるときに、自分が楽しい気持ちになったり、心もときめくので、英語での外国人支援や日本語を教える仕事したり、留学生のキャリア相談などをして活動しています。加えて、ボランティアで日本語や英語を海外につながりのある子どもたちに教えたりもしています。

もし、「モヤモヤ」、「空気読むのがつらい」、「日本はなんだか自分には合わないかもしれない」と感じられているのなら、よかったらこの本を読んでみてくださいね。
アジア好きの人にもおすすめです!

また、「Kindle Unlimitedhttps://amzn.to/3lw4ajp)」を使うと、海外生活やアジア長期旅行に関する他の書籍をお得に読める(無料で読める本や雑誌、なんと洋書まで選択肢がかなり多くあります。200万冊以上から読みたい本を選べます!)」ので、よろしかったらどんな書籍が読めるのか、参考までにチェックしてみてくださいね。

いつでも好きなときに、Kindle Unlimitedのサービスをキャンセル(退会)できます。
参考までに、このサービスについてご紹介いたします。

Amazon Kindle Unlimitedについて
  • 初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能
  • 本だけでなく、雑誌や洋書も読むことが可能
  • いつでもキャンセル(退会)できる
  • 200万冊以上が読み放題
  • 好きな端末で利用可能
  • 期間終了後は月額980円

【Kindle Unlimited 読み放題を見てみる】
https://amzn.to/3lw4ajp


https://amzn.to/3ynvhoy

海外で暮らすことについて書かれたおすすめ本を紹介します

人生を変える海外移住 vol.01 トビリシ(ジョージア): 日本人の海外移住ガイドブック Kindle版

「人生一度きりだし、海外移住してみたいな…」こんなことを考えたことはありませんか?」
「でも、どこの国が自分に合っているのかわからない…」これが本音だと思います。この本は、日本人がロングステイ(長期滞在)やデュアルライフ(2拠点生活)、海外移住を行うのに適した「理想の地」を模索していく本です。著者であるZiziさんが世界中を飛び回り、現地に長期滞在し、現地情報をレポートしています。

https://amzn.to/37tlqm2

遠い太鼓

40歳になろうとしていた著者、村上春樹さんは、どうしても長い旅に出たいという強い想いに駆られて日本を後にし、ギリシャ・イタリアへ長い旅に出ました。
『ノルウェイの森』と『ダンス・ダンス・ダンス』を書き上げ、作家としての転換期となった、三年間の異国生活のスケッチブックのような記録です。


https://amzn.to/3P4chRQ


これらの本と出会いが、ご自身が心地よく、楽しく生活できるような国や場所を見つけるきっかけになればとても嬉しいです。

それでは、ご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

3人の人物が話し合っているイラストの左側に「外国人支援や外国人相談のとき注意したいこと、気をつけたいこと【ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 】はおすすめの本」と書かれている
【多文化共生】のおすすめの本を紹介。外国人支援や外国人相談のとき、注意したいこと外国人の人から相談を受けたとき、どうしたらいいのかわからない この記事では、6年以上、600件以上の外国人相談や支援を続けてきた私(U...