今より楽に生きれるように、やってみたいことををやってみる暮らし
日本語教師

じっさい稼げるの?【日本語教師】の資格取得とその活用について

「日本語教師」の資格を取得してから、その資格を自分が活用できているか?

多国籍の学生が授業を受けている

この記事では、日本語教師の資格取得後、どんなことで資格を活用しているかについて書いています。

また、この記事の最後に、「無料で、簡単に日本語教師になるための講座情報をまとめて資料請求する方法」について書いています。
私(Uchiga)は、「日本語教師養成講座」を選ぶとき、どの学校に行くのかかなり迷った上で、一番自分に合った学校を選ぶことができました。

「日本語教師養成講座の受講」のために、いろいろ検討したい場合には、情報収集する時間の節約になりますので、よろしかったら参考にしてください。
関心のある学校の資料をじっくり比較して「日本語教師養成講座」を選んでくださいね。

さて、本題に戻りますが、結論としては、日本語教師としての資格を使っていますが、私(Uchiga)の場合、日本語教師の資格だけのフル活用はしていません。

2020年の春に公務員(正職員)から転職して、以下の分野で活動しています。

  • 国際交流・外国人支援団体でフルタイムで働く
  • オンライン日本語教師としての活動
  • フリースクール(高校)で美術教師として活動
  • ボランティアで海外につながる子ども達に日本語と英語を教える

加えて、フリースクールでのお仕事も、美術だけにとどまらず、その他のキャリア教育などの分野やその他科目も担当させていただきます。
また、「多文化共生」にかかわる地域コミュニティーの取り組みにも関わっています。

関心のあることと自分ができること、やっていて楽しいことを自分の今後の仕事にできるかどうか判断し、自分がやってみて、楽しめてお金が稼げることをどんどん仕事として増やしていっています。

日本語教師の資格で食べていけるのか?

赤いハートに青い矢印が刺さっているサイン

現在まで、私(Uchiga)は「日本語教師」の資格という「一つだけの資格」を使って仕事をしたことはありません。
ひとつの資格と自分自身の経験や、他の資格をかけ合わせて、お仕事をしてきました。

日本語教師の資格で食べていくには

「日本語教師の資格 X 経験やキャリア X その他資格」
と組み合わせる方法が、仕事につながりやすいです。

ただし、日本語を教えることを専門的に突き詰めるのであれば、十分な年数の経験と大学院で学ぶことが大切です。

PCでオンライン で作業している女性

例えば、私(Uchiga)がオンラインで日本語を教えている方に、中国の方がいます。
私が彼女に教える日本語は、仮想通貨の購入にかかわる日本人顧客へのカスタマーサービスのときに使う日本語です。
日本語教師の資格の他に、ファイナンシャルプランナーの資格と、自分の投資経験を活用して日本語を教えています。

もう1人は、韓国の方で、インド哲学書を日本語で読む勉強をしています。
英語と多少の韓国語も使いながら、日本語で本の著者の考え方について一緒に勉強しています。
このケースでは、英語との韓国語の言語能力を利用しています。
日本語以外の言語を話せないといけないのか心配されるかもしれませんが、そんなことはありません!
Google翻訳レベルの言葉で問題ないこともよくありますよ。

ここだけの話ですが、日本語学校で10年以上経験を積まれている先生たち数人に、「今後、どうやって稼いでいけばいいですかね、(コロナのこともあって)自分は食べていけるのか正直不安なんです」とこっそりご相談されたことがあります。
やはり、日本語学校でのお仕事だけでは、ご自身の将来に不安を感じられている日本語教師の方が多いのでしょう。

また、こどもを養っていかなければならないなどの理由があり、「今すぐ必要なだけ稼ぐこと」を一番に考えていらっしゃる時は、日本語教師の資格は全くお仕事で使っていらっしゃらない方々も多いです。

また、「やさしい日本語」を使って外国の方とコミュニケーションすることが、介護や福祉関係、行政関連において話題になることも多いです。
今後はこういった分野で、日本語教師のニーズが増加していくことになるでしょう。

また、「やさしい日本語」を使ったお仕事をしたい場合、外国人の方に向けての発信もありますが、将来、外国の方を雇用していこうとする日本企業や、「やさしい日本語」を使っていきたい行政等に向けてお仕事があるのではないでしょうか。

加えて「日本語教師」のお仕事は、「人づて」が多いので、日頃から自分で周囲にアプローチしておくこともがとても大事です。

あとは、日本語を教えることについては、ニーズはあっても稼ぐことにつながらないマーケット(対象)もあるので、事前に自分が関わりたい分野で稼げるのかを、調べておかれることをおすすめします!

関連記事:後悔しない日本語教師養成講座の選び方について

日本語を楽しそうに黒人女性に教えるアジア人女性
【お得】に始める【日本語教師養成講座】後悔しない日本語養成講座の選び方について【お得】に、自分にとっての後悔しない【日本語教師養成講座】を選ぶにはどうしたらいいのか? この記事では、「(文化庁届出受理の420...

また、大事なことは、お金を稼ぐことが全てではないので、「日本語教師の資格を使ってアクションを起こしていくこと」が、稼ぐことよりも、自分が充足感を感じられたり、この仕事をやることが自分の使命だと感じられていらっしゃるのであれば、それは本当にすてきなことです!

(最後に)無料で、簡単に日本語教師になるための講座情報をまとめて資料請求する方法と、講座にかかわる営業トークについて

学校から請求したたくさんの資料を手で受け取るイメージ

私(Uchiga)が利用した日本語教師の資格をまとめて一括で請求できるサービスをご紹介します。

>>無料で【日本語教師養成講座】の資料が請求できる【日本語教師アカデミー】

上記のリンク先から、日本語教師になるための講座資料ををまとめて無料で請求すると、数日後には資料が送られてきます。
気軽に情報収集できますし、講座の内容をじっくり比較検討することができますよ。
受講を検討する際に、情報収集する時間節約にもなります。

  • 週末や、平日の夜間のカリキュラムが充実しているか
  • 就職先を紹介してくれるのか
  • 家から近いか
  • 費用は安いのか
  • 授業料に見合った講座内容なのか

また、日本語教師養成講座は50~60万円ほどすることもあるので、しっかり情報収集した上で内容がどれだけ充実しているかを比較することで、後悔のない選択ができます!
私(uchiga)は送っていただいた資料の情報をしっかり活用し、講座を選びました。
日本語教師養成講座を受講下学校で、今でも日本語教育について情報共有したり連絡できる友人もできましたし、講座内容にもとても満足しています。

>>無料で【日本語教師養成講座】の資料が請求できる【日本語教師アカデミー】

よろしかったら、ぜひ、講座資料を無料で請求してみてくださいね。

ご自身が後悔しないように講座を選んでくださると、とても嬉しいです。

私(Uchiga)が日本語教師養成講座を受講するとき、資料を取り寄せたあと、無料相談会に足を運んだ時には、営業の方や講座運営をされている学校関係者達から「今後、この資格があれば、絶対に食いっぱぐれることはない」と必ず言われました。
ただ、私が知る限りでは日本語学校で働かれている方の中には、お仕事を失われた方も多いです。

「絶対〜します」とおっしゃる営業の方を、基本的には私は信用しないです。確実なことなんかわからないので、自分で本当に「日本語教師養成講座」を受講したいのか、自分自身で決めることが大切です。

あとは、姉妹校で他の日に講座を取れるのか、何年で講座を修了したら良いのかなど、ご自身にあった講座を選ばれるのはいかがでしょうか。

講座取得中の方は、差し出がましいですが、がんばりすぎてしまわないように、講座に臨んで下さいね。

それでは、ご質問などありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ABOUT ME
Uchiga-ilife
今の自分とこれからの自分を大切にするため、やれること、やってみたいことをやってみて、それを発信するマガジンです。国際結婚(イギリス人)・副業・美術教師・キャリアコンサルタント・日本語教師・テキスタイルデザイナー・ヴィンテージマニア・心と体のメンテナンスなどについて書いています。