今より楽に生きれるように、やってみたいことををやってみる暮らし
結婚生活

SNS上に自分の新築の家を載せる他人に動揺する夫のこと

植物や花に覆われた建物

今日、夫が自分のスマホを見て、すごくイライラした顔になった。

どうやら、以前の職場の同僚が、地方に庭付きで良い景色を眺められ
るような家を買ったらしく、嫁さんと二人の子どもと一緒に庭のテーブル
に腰掛けてポーズを撮っている写真を数枚私に見せてきた。

夫は、みんな、ある程度庭もある大きなよい家に住みたいと思っていて、
こういう家をSNSに載せるのは自慢じゃないか、とかいうようなことを
言いながら、それらの写真を見せてきたのだ。

私は正直、何も感じない。羨ましいとか嫌悪感も感じなかった。
強いて言えば関心が持てなかった。インスタでは、素敵な家やインテリアを
アップしている方々が本当に沢山いらっしゃるので、いわゆる「きれいな家」
の写真を見ることには慣れている。あとはその家が自分の好みではないし、
すごいなあ!この家!とも感じない家だったから、載せたいんやったら載せ
といたらいいやん、別にって感じに思った。

なんで、関心が持てないのか、もっと考えてみた。

そうすると私はその家をどう手に入れたのか、その家のデザインとか雰囲気が、
どれくらい自分にとって価値があるのかの方に関心があるからだと思った。

基本、私自身は、自分の稼いだお金で物を購入することを大切にしている。
欲しいものは自分で手に入れるようにしている。
(もちろん、プレゼントももらったら嬉しいけど。)

夫の元同僚のお仕事やライフスタイルを以前お聞きしていたので、おそらく
ご両親かどなたかに金銭的に多くの部分をサポートしてもらって購入したん
じゃないかと思ったので関心を持てなかったことが理由の一つ。(推測なの
ので、そうじゃなくてご夫婦で購入されたのかもしれないけど。)もちろん
誰かから金銭的なサポートをしていだだくことは悪いことでもなんでもない。
サポートしてもらえる状況にあるのは運もいいし、恵まれていると思う。

あとは、家自体、50秒くらい写真を見ただけだけど、きれいだけど私好みで
はないから、この家の配管を買えたり外壁塗り替えたりするのにお金出すの
嫌やな〜、と、少し見ただけで感じてしまったから関心が持てなかった。

加えて、このご夫婦は、こういうポーズで写真撮るのが好きなんだなあ、
と写真の撮られ方に少し目がいってしまった。

自分で稼いだお金では、ほんとうに自分の好きなものを買いたいものだ!、
と改めて感じた。

夫は少し嫉妬してたけど、私は全然あんな家に住みたくない。家を買うと
したら、私の部屋は私の決めた内装にしよう!と心に誓った。

自分の価値観の再確認できた良い機会だった。

ありがとう、夫。

トップの写真は、自転車で散歩したら見つけた家。かわいい家。
虫いっぱい来そう。

今、夫がスーパーから帰ってきて、気持ちも落ち着いたみたいで、
亀の形のサワーズグミを買ってきた。これ、おいしいな。

#日記
#夫婦
#国際結婚
#共働き
#夫婦の会話
#日々の生活
#理想の家
#家の写真

ABOUT ME
Uchiga-ilife
Uchiga-ilife
今の自分とこれからの自分を大切にするため、やれること、やってみたいことをやってみて、それを発信するマガジンです。国際結婚(イギリス人)・副業・美術教師・キャリアコンサルタント・日本語教師・テキスタイルデザイナー・ヴィンテージマニア・心と体のメンテナンスなどについて書いています。