ファッション

COSは低価格 X ハイクオリティ。「他の人とは差別化できる」最強ブランド!ロンドン発祥のファッションブランドなのも好き。

空を背景に黄色の花畑で両手を広げた白いトップと黒いズボンを履いた女性

(アイキャッチのイメージはCOSのアイテムではありませんが、イメージは近いです)


「COS(コス)」は低価格 X ハイクオリティ。COSを購入し続けるのには理由があります

この記事では、私(Uchiga)が、ロンドン在住時代から買い続けているファションブランド「COS(コス)」について書いています。
COSのアイテムはシンプルながら、上質です。
インハウスのデザイナーとバイヤーがデザインを展開する「他の人とは差別化できる」アイテムを探し出すことができます。

私(Uchiga)は、ロンドンで、自社ブランドを持つセレクトショップで店長を5年以上していました。
普段好きなブランドは「Isabel Marant」や「Les Coyotes de Paris」 といったフランス系のハイエンドのアイテムやビンテージアイテムが好きです。
でも、COSでは「デザインXコストX着心地の良さXブランドイメージ」のアイテムを買えるので、気に入ったアイテムをときどき購入しています。

オンラインサイトもあるので、この記事を読んで、COSに興味を持っていただいただけたらとても嬉しいです!

「COS」のスタートとブランドについて

ブランドのスタート

2007年にH&Mグループが新たなハイエンドブランドとして「COS」をスタートさせました。

コスについて

COS(コス)はロンドンのファッションブランドです。
(2007年から私(Uchiga)はCOSのアイテムを愛用しています。)

COSとは「Collection of Style:コレクション・オブ ・スタイル」の略称です。
インハウスのデザイナーとバイヤーが中心となりデザイン展開しています。

H&Mより価格帯は高く、よりデザインに高感度なターゲット層に向けて、常に新しいアイテムを発信しています。
メンズ、レディース、キッズのアイテム展開があり、「高品質の必須アイテム(high-quality fashion essentials)」を通常のハイエンドのアイテムよりもリーズナブルな価格で提供しています。

欧州ではすでに、50店舗以上を展開しています。
アジアでは、2012年に香港に1号店をオープンし、2014年の冬に日本に上陸しました。

日本と同時期にスタートした韓国では日本より認知度が高く、人気もあるようです。
現在は日本でも、オンラインショップでCOSのアイテムを購入できますが、以前はロンドンの友人に購入してもらったり、韓国のソウルに行った時に商品を購入していました。

今は、COSコス公式オンラインストアで購入できるので、ほんとうに嬉しいです。

「COS(コス)」の魅力について。低価格 X ハイクオリティ X 飽きがこない

私(Uchiga)がCOSを買い続ける理由は以下のとおりです。

COSを買い続けてしまう理由
  1. シンプルながらもデザイン性がかなり高い
  2. 通常のハイブランドデザイナーと比べると、サイズ展開が広く、自分の体に合った商品が買える
  3. ドライクリーニングに持っていく必要のない、自宅で洗えるアイテムも多い
  4. 色の配色がとても美しい
  5. セクシーにも、ミニマルにも着こなせる

茶色の壁の前でベージュのジャンプスーツを着たロングヘアの女性が椅子に座っている
(上のイメージはCOSのアイテムではありませんが、イメージは近いです)

シンプルながらもデザイン性がかなり高く着心地も良い

私(Uchiga)が服を買うとき、いつもデザイン性と着心地の良さにとてもこだわります。
デザインだけ気に入っても、着心地が悪いとずっと着続けたいとは思えないからです。
また、リーズナブルなアイテムでも、あまり人と被ってしまうアイテムは好きではありません。

COSのアイテムは、シンプルながらも他の人と差別化できるアイテムでもあるところが、とても好きです。

通常のハイブランドデザイナーのアイテムと比べると、サイズ展開が広く、自分の体に合った商品が買える

通常のハイブランドデザイナーのアイテムのサイズと比較すると、かなり幅広いサイズが展開されています。
私(Uchiga)は、上半身は細い方だと自分では考えているのですが、下半身がコンプレックスで気にしているので、ボトムスを買う時には、COSにはサイズが色々あるのでとても助かっています。
自分にあったアイテムを着るととても心地いいですし、体型が気にならないし、ずっと着続けたくなります。

ドライクリーニングに持っていく必要のない、自宅で洗えるアイテムも多い

デザイナーズのアイテムにはドライクリーンのみの商品も大きのですが、COSのアイテムは自宅で洗濯できるアイテムが多いので、普段からガンガン着ることができます。

COSのお気に入りの黒のパンツは好きすぎて、布が薄くなってしまうまで、着倒しました!
その後、またCOSで同じようなデザインの新しいパンツを購入しました。

色の配色がとても美しい

COSの店舗の写真
COSのアイテムは色の配色がとても素敵です。
日本のアイテムとは異なる雰囲気のカラーバリエーションがあります。

私(Uchiga)は、フランスとイタリアの服の色合いがとても好きです。
サーモンピンクやラベンダー、グレーでも、自分の肌の色と雰囲気に合ったアイテムを見つけることができます。
鮮やかな色からシックな色のアイテムまでそろっています。COSの店舗では、国や地域によってカラーバリエーションが異なることもあるそうです。
COSコス公式オンラインストアでのみ買えるものもあります。

セクシーにも、ミニマルにも着こなせる

黄色の花畑で、空を背景に髪を束ねた美しい女性が両手を顔の前に置いて白いトップ、黒いズボンを着て立っている
(上のイメージはCOSのアイテムではありませんが、イメージは近いです)

シンプルながらも着方によっては、同じアイテムをミニマルにもセクシーにも着こなすことができるので、着回しが可能です。

ゴールドの大きいネックレスをして白いノースリーブのベストを着て座っているブロンドの髪をまとめた女性
(上のイメージはCOSのアイテムではありませんが、イメージは近いです)

COSではアクセサリーも購入できるので、デザイン性の高いアクセサリー類と着こなすのも楽しいです!


まとめ:だからCOSのアイテムを愛用し、これからも着続けたい

COSのアイテムは、着ると心地良く、デザインにもこだわりがあって、他のアイテムと着回すことができるので、本当に愛用しています。
また、歳をとってもずっとき続けたいアイテムが多いです。

COSのショップをぜひ一度覗いてみてください。
素敵なアイテムを見つけられることを祈っています!
COSコス公式オンラインストア

それでは、ご質問などありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。


ABOUT ME
Uchiga-ilife
今の自分とこれからの自分を大切にするため、やれること、やってみたいことをやってみて、それを発信するマガジンです。国際結婚(イギリス人)・副業・美術教師・キャリアコンサルタント・日本語教師・テキスタイルデザイナー・ヴィンテージマニア・心と体のメンテナンスなどについて書いています。