居場所

【SNS】での人間関係に【疲れた】とき、自分の居場所を作るためにとても参考になった本を紹介します

右上には、ヘッドフォンを聴いて疲れている女性、左下にはソファに座ってうたた寝している女性のイラスト。「SNS」での人間関係に疲れたとき、自分の居場所を作るためにとても参考になった本を紹介します、と書かれている。

「イドコロをつくる―乱世で正気を失わないための暮らし方」

この記事では、SNSでの人間関係に疲れてしまったときや、リアルな自分が心地良くいられる「居場所」が必要になったとき、とても参考になる本(https://amzn.to/3lx3xGk)をご紹介します。

アイデアを鉛筆で書く日々暮らしていると、見たくも聞きたくもないのに、メディアやSNSを通して、社会の様々なストレスを垣間見たり、フェイクニュースや、微妙で危ういお金もうけの話といった「病原体」のような媒体に触れる機会は増え続けています。

特に上記のような情報は、日常的に刺激を送り続けてくるので、自分が弱っている時には要注意です。

この本に興味を持ったきっかけは、筆者の伊藤洋志さんの次のことばに、とても心が動かされたからです。

現代の広告的なものに主導された資本主義では、「お金がないとこんなに困ることが起きるぞ」、「乗り遅れるな!」といったプレッシャーが日々、矢のように降ってくる。これに対抗する方法は、一つは「小さくても自立した経済をつくること」、もう一つは「過剰なプレッシャーを無効化できる時間や場を持つこと」だ。これは両輪である。前者について考えたのが私の前著『ナリワイをつくる』だ。そして本書では、その両輪のもう片方にあたる後者について考える。
出典:イドコロをつくる: 乱世で正気を失わないための暮らし方「序」イドコロの必要性

本の中で「イドコロ」を、簡単にいえば心安らぐ「場」のことを表していますが、人間関係や時間も含む広い概念だとも捉えています。

体の免疫になぞらえて、家族や友人、仕事を「自然系イドコロ」、マニアックな趣味、ちょっとした公共空間、くつろげる小さなお店など自ら発掘するものを「獲得系イドコロ」と分類しています。

  • 家族や友人、仕事→「自然系イドコロ」
  • マニアックな趣味、ちょっとした公共空間、くつろげる小さなお店など自ら発掘するもの→「獲得系イドコロ」

筆者の伊藤洋志さんは、読者に複数のイドコロを持つことを勧めています

朝日新聞読書面(2021年4月10日掲載)のインタビューでも「数字では表現できない、自分にとって価値あるものを見つけてほしい。誰でもアクセスできるイドコロを増やすことが、暮らしやすい平和な世の中につながると思うんです」と話されています。

縁側を自作する、近所の公園を使いこなす、銭湯に行く、行きつけのお店を大事にする、お気に入りの散歩道を見つける、趣味をつくる、一人で自然を眺める、仕事仲間、生活共同体、親しい友人を手入れする……現代において正気を失わないために、各人が意識的に確保したい「イドコロ」を思考の免疫系という考え方で提案しています。

著者は、京都大学にて農学・環境科学を専攻し修士号(農学)取得後、零細企業の創業に従事され、肌荒れのために退職されたそうです。

実際は以下のような理由のようです。

まず過労で身体が参ってしまい、食生活は荒れるわ、肌は荒れるわ、ハーゲンダッツを食べないと眠れなくなるわ、うっかり会食した相手からマルチビジネスの勧誘電話を受けるわ、なかなか不調をきたしていた。これは新入社員の薄給と、小さい企業特有の人間関係のプレッシャー、過労による寝不足、などが重なってのことだが、本来はこういう事態になったら自力でなんとかするのは簡単ではない。他人の助けが必要な局面である。新入社員は移住したてで助っ人になる人が乏しい。
出典先:イドコロをつくる: 乱世で正気を失わないための暮らし方 「序」イドコロの必要性

以後、養生期間を経て自営業を開始されています。

「頭と体が丈夫になってついでに公正な社会環境づくりにつながる、大資本を必要としない仕事と活動」を「ナリワイ(生業)」と定義され、日々、研究と実践に取り組まれています。

沢山のポスト・イットが顔全体を覆っている

イドコロをつくる―目次

イドコロをつくる―目次
  • 序 「イドコロ」の必要性
  • 第1章 「イドコロ」とは何か(「イドコロ」は思考の免疫系の構成要素;正気を失わせる圧力を認識しよう ほか)
  • 第2章 「イドコロ」をどのようにつくったらよいか(思考の免疫系としての「イドコロ」を育てる;趣味の見つけ方は仕事よりも簡単ではない ほか)
  • 第3章 「イドコロ」の息吹(実践例)(生活共同体を兼ねたイベントスペース「下馬士間の家」―都心でできるだけボロい家を直して使い倒す;自主運営の仕事場「スタジオ4」―仕事場は自分でつくる ほか)
  • 第4章 「イドコロ」は思考の免疫系を構成する(人はなぜイドコロを必要とするのか;イドコロ不足で生まれるストレスは世の中に放出される ほか)

私(Uchiga)は、毎日の暮らしの中で、何となくストレスや不安を常に感じていていた時期がありました。

楽しいことを考えたりしても、楽しいだけじゃだめだっていうようなメディアからの洗脳・影響があったと感じています。

この本を読んでから、ようやく、損得なしに自分が心地よくいられる「イドコロ」を複数持ちはじめたことによって、メンタル的になんとなく感じるストレスや不安はなくなっていきました。

もしよろしかったら、手にとってみてくださいね。


https://amzn.to/3ymNdPR

 

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版

黒い猫の壁時計が白い壁にかかっている
「仕事が忙しすぎて、自分の時間が作れず困っている」なら、以下の書籍をお勧めします。

仕事に追われない時間の使い方について考えたり、自分の人生の時間で何を最優先したいのかを考えてアクションを起こすとき、かなり役立つ本です!

この本(仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版)は、画期的なタイム・マネジメントの書としてイギリスでベストセラーになった「Do It Tomorrow」の翻訳版です。

読後に読者が手に入れられるものは、目先の大量の仕事を片付ける「効率」、「生産性の高さ」だけではありません。「本当の仕事」をするためには、どんな方法があるかについても気付くきっかけになります。

「自分がやる!」とコミットした仕事に、最大限界の集中力で取り組み、毎日、仕事をやりきった達成感と充実感を得るためのガイドブックです。

https://amzn.to/3KW8pPv

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

多くの人がさまざまな異なる理由で、忙しすぎる生活を「避けられないもの」、「自分ががんばって乗り切るべきもの」として受け入れてしまっているんじゃないかと考えたことはありませんか?
でも、本当にそうなのでしょうか。
この多忙な生活を脱出する方法は、どこにも存在しないのでしょうか?

著者の「ちきりん」さんは、「あまりに多くの人がそんな生活を当たり前のように受け入れ、本当にやりたいことを後回しにし、時には体や心を壊すまで頑張ってしまう現状を、とても普通のこととしては受け入れられない」と、この書籍で書かれています。

この本では、ふたつの異なる視点から「自分の時間を取り戻すにはどうしたらいいのか?」という問題にアプローチされています。

個々人(ここじん)が直面する超多忙な生活からの脱出方法について考える視点と、今の社会で急速に進みつつある変化の本質に焦点を当てた視点です。
このふたつの視点をもって見ると、そこには共通する、ひとつの「答え」が浮かび上がってくるのですが…..詳しくはこの本を読んでみてくださいね。

「自分のために」理解すべきこと、身につけるべきスキルとは何なのかについて、ヒントや気づきになる箇所がたくさん見つかりますよ!

自分の時間を自分の手に取り戻し、やりたいことを少しでも多く実現できる「自分の人生」を謳歌できますように」と、著者のちきりんさんは心から願われています。


https://amzn.to/3w9VzHX

以上、よろしければ、ご紹介した本を手にとってみてくださいね。

また、「Kindle Unlimited(https://amzn.to/3lw4ajp)」を使うと、心地よく過ごすためのヒントについて情報収集できる他の書籍をお得に読める(無料で読める本や雑誌、なんと洋書まで選択肢がかなり多くあります。200万冊以上から読みたい本を選べます!)」ので、よろしかったらどんな書籍が読めるのか、参考までにチェックしてみてくださいね。

いつでも好きなときに、Kindle Unlimitedのサービスをキャンセル(退会)できます。
参考までに、このサービスについてご紹介いたします。

Amazon Kindle Unlimitedについて
  • 初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能
  • 本だけでなく、雑誌や洋書も読むことが可能
  • いつでもキャンセル(退会)できる
  • 200万冊以上が読み放題
  • 好きな端末で利用可能
  • 期間終了後は月額980円

【Kindle Unlimited 読み放題を見てみる】


https://amzn.to/3vTnA7J
人それぞれ、時間に対する感じ方や時間に対する使い方も違います。
ご自身が以前より楽に感じられたり、居心地の良いイドコロ探しをするためのすてきな本に出会っていただけると、とても嬉しいです。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

ご質問などありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

きれいに整頓された棚の上に本や鳥のオーナメントがある。「映画”ミニマリズム(Minimalism)”を観ましたか。転職と節約生活と自分が今より楽に生きられるようにすること」と書かれている
転職と節約生活と今より楽に生きたい。映画「ミニマリズム(Minimalism)」を観ました。公務員から契約職員となってからのお金のやりくりや節約の方法 お金のやりくりと自分ができること 私(Uchiga)は、2021年に9年...