今より楽に生きれるように、やってみたいことををやってみる暮らし
日本語教師

後悔しない日本語教師養成講座の選び方について

教室には、講師が教壇に立ち、成人の学生がいてスクリーンを見ている

自分にとっての後悔しない日本語教師養成講座を選ぶにはどうしたらいいのか?

この記事では、文化庁届出受理の420時間日本語教師養成講座について、あとで大後悔してしまわない選び方について書いています。

日本語教師になるための基本的な3つのルート

  1. 文化庁届出受理の420時間日本語教師養成講座(カリキュラム)を修了
  2. 日本語教育能力検定試験に合格する
  3. 大学・大学院の日本語教育専攻で学ぶ

1. 文化庁届出受理の420時間日本語教師養成講座(カリキュラム)を修了

学科で、日本語教育の基礎を学び、実技で指導スキルを身につけることができます。
教育実習もあります。

私(Uchiga)自身、日本語教師としての資格を日本語教師養成総合講座(通学)(420時間以上)を修了して取得しました。働きながら取得するのに、1年と2,3ヶ月ほどかかっています。

2. 日本語教育能力検定試験に合格する

日本語教育能力検定試験(Japanese Language Teaching Competency Test)は、 日本語教師となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。
年に一回の試験で、合格率は30%以下です。

日本語教師として働く上で必須の資格ではありませんが、日本語学校では、日本語教育能力検定試験に合格している、または日本語教師養成講座420時間コース修了のいずれかが採用条件になっています。
最近では、最終学歴が「4年制の大学を卒業」を条件にしている学校もあります。

3. 大学・大学院の日本語教育専攻で学ぶ

大学や大学院に入学し、日本語教育専攻で学びます。

私は、上記の3つの選択肢から、1の文化庁届出受理の420時間日本語教師養成講座を選びました。

理由は、日本語教育能力検定試験では、実戦で指導スキルを学べないし、年に1度の試験なので、勉強して不合格になると時間のロスがあります。3の「大学・大学院の日本語教育専攻で学ぶ」については、入学のために受験が必要なのでやめました。

自分のゆずれないことを軸にして、文化庁届出受理の420時間日本語教師養成講座を選ぶ

ネオンのはてなマークが横につり下げられている

私は、以下のことを軸に学校を選びました。

  1. フルタイムで働きつつ、1年程度で講座を修了できる
  2. 公務員だったので教育訓練給付金制度が受けれなかったので、自分で準備できる受講料であること
  3. 学科の授業を受講できない場合、他校で無料で受けられる、または代替授業が無料で受けられる
    (通学しやすい場所にある学校である)
  4. 講座の見学が可能で、講師の教え方が自分に合っている。講師の方々のブログやSNSをチェックする

1.フルタイムで働きつつ、1年程度で講座を修了できる

私は、平日夜間や週末に通学できる学校を探しました。
カリキュラムスケジュールで、週末に効率よく2クラス3クラスを詰め込める学校を探しました。
あとは教育実習が平日夜間にできる学校を探しました。

最短で講座終了したい場合は、平日の昼間コースで、3〜4ヶ月で講座を修了できる学校もあります。
ただし、講座内容を詳しく調べないと、自分にとって必要な学科が学べなかったり、実技が充実していない場合もありますので注意が必要です。

2. 公務員だったので教育訓練給付金制度が受けれなかったので、自分で準備できる受講料であること

教育訓練給付金とは、働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。
(厚生労働省HPより引用)

私は公務員だったので教育訓練給付金制度を受けられませんでした。
一定の必要条件を満たし、申請すると、講座の受講料等の20%が支給されます。上限は10万円です。

受講料が安い場合、講座の内容も他校と比べてかなり乏しい学校もあります。受講の時期が限定されている学校もあります。
逆に受講料が高額でも、内容が充実していない学校もあります。
私(Uchiga)の場合、まず、有名どころの学校の授業料をいくつか検索し価格比較してみて、平均の講座料を確認しました。

また受講料支払いにローンを組む場合、その手数料も事前に確認しておきました。私は手数料が低い段階の利率でローンを組みました。

あとは、講師の紹介や、知り合いからの紹介で、受講料に値引きがある学校もあります!一度、学校事務局に聞いてみてください。

3. 学科の授業を受講できない場合、他校で無料で受けられる、または代替授業が無料で受けられる(通学しやすい場所にある学校である)

Uchigaの選んだ学校は、有名どころの学校でした。メインに選んだ学校は大阪市内の学校で、フルタイムの仕事の後、一番通学がしやすい学校を選びました。

どうしても授業が受けられない時に、大阪市内の姉妹校での代替授業の予約を、オンラインかアプリ上でできる学校にしました。
フルタイムの仕事で残業があったり、体調が悪くなり欠席になった場合に、損をしないためにも融通の効く学校を選びました。

今は、オンライン授業プラス、通学形式で授業を受けられる学校も多いと思いますので、その辺りも確認してみると自分の時間を有効活用できますよ。

マグカップを卓上に置き、シャーペンでノートに右手で書き込む

4. 講座の見学が可能で、講師の教え方が自分に合っている。講師の方々のブログやSNSをチェックする

学校は、受講者獲得のために、かなり頭を使ってうまい広告を打ち出しています。
学校のSNSやホームページのイメージと現実は異なります。
講師との相性や講師の教え方は、特に実技型の授業では重要です。

自分がイメージにだまされないように、後悔しないように、講師の方々のブログやSNSをチェックしたり、口コミ評判もオンラインでチェックして自分に合いそうな講師の方を選びました。

また、同じ系列校でも、各校の校風があります!
日本語教師養成講座の担当者さんによっても、融通のきく方とそうではない方もいらっしゃるので、その辺りも一度学校に行って直接担当者さんと話してみるのもいいかと思います。

また、知り合いに自分が関心のある講座を受講された方がいないか、「つて」も探してみて、情報収集しました。
友人からの紹介で、受講料が安くなる場合もありますよ。

内部情報やクラスの雰囲気も分かって、学校を選ぶ上でも貴重な情報となりました。

以上、ご自身が後悔しないように講座を選んでくださると嬉しいです。

何か質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ABOUT ME
Uchiga-ilife
Uchiga-ilife
今の自分とこれからの自分を大切にするため、やれること、やってみたいことをやってみて、それを発信するマガジンです。国際結婚(イギリス人)・副業・美術教師・キャリアコンサルタント・日本語教師・テキスタイルデザイナー・ヴィンテージマニア・心と体のメンテナンスなどについて書いています。