今より楽に生きれるように、やってみたいことををやってみる暮らし
副業・兼業

フルタイムの仕事と副業のバランスはどうするか。効率的に自分のやりたいことができるか。

ソファの上の猫

公務員は副業禁止

2020年春に、9年間勤めた公務員を辞めて、その年の4月からフルタイムで国際交流・外国人支援団体で働いています。

みなさんがご存知のとおり、公務員の副業は法的に禁止です。ただし先進的な市役所では、NPOでのボランティア活動等の特定の副業のみ認められています。

私が勤務していた自治体は、残念なが先進的ではなかったため、資格を取得後、これをやってみたい、あれもやってみたいと、アイデアはありましたが実践することはかないませんでした。

アイデアを鉛筆で書く

自分が持っているいるものは何?

私自身は以下の資格や経歴を持っています

・日本の教員養成の国立大学とイギリスのデザイン系大学を卒業


・イギリス在住12年

・ロンドンでファッションアパレルの会社でのショップ店長と
その会社のオリジナルブランドのテキスタイルデザイン担当

・公務員(正規職員9年)

・日本語教師

・国家資格キャリアコンサルタント

・中学校・高校の美術教員免許

・ファイナンシャルプランナー

・多文化共生マネージャー

・外国人のクライアントを含むキャリア・生活・行政・DVなど相談への対応は450名以上


資格と経歴を使ってみる

現在は、

①国際交流・外国人相談関係の団体でフルタイムで働きつつ、

②フリースクール(高校)で美術を教え、

③ボランティアで海外にルーツのある子どもたちに英語や漢字を教え、

④留学生や日本人の10代から50代の方へのキャリア相談をフリーランス行い、

⑤オンラインで日本語を教えています。

⑥美術を教えるのが楽しくて、オリジナルのデザインとイラストの販売を開始しました。

予期しなかった状況でどう副業をスタートしてみるか

転職した直後は、在宅勤務が同時進行で始まってしまいました。
コロナ禍の状況の中、コロナ関係の電話とメール相談が爆発的に増えました。私が働く職場では、外国につながる方々への相談に対応していますが、行政や病院で対応してもらえなかった日本人の方々からの相談の電話もよくかかってきました。

当時は特別定額給付金についての情報発信と、PCR検査に係るコールセンターとの通訳業務が重なり、効率的に、副業生活をスタートできたとは言えませんでした。

そんな中でも、焦る気持ちと、考えていたように思い描いていたことを行動に、すぐに移していけないもどかしさを感じつつ、こつこつとできることから始めました。
とにかく、少しでも動いていくこと、実際にやってみることが大切で、予想どおりのことが起こったり、起こらなかったりで、定期的に、目標を再設定していました。

例えば、オンラインで日本語を教えることを始めました。自分のクライアント層のリサーチをするため、この時期は相場より安いレッスン料で授業を行いました。また、これが重要なのですが、どんなお客様に自分自身が教えていて楽しいのか、楽しく教えられるクライアントさんに固定客になっていただくため、レッスン内容も考えては、それを試していきました。

転職した年は、お給料をいただいているフルタイムの仕事を、いかに効率化して結果を出せるようにしつつ、試してみたかった「副業になりうること」をどれだけたくさんガンガン試していけるかに力を注ぐ日々が続きました。

そんな中、8ヶ月ほど経過して、ふっと気づいたことがありました。
自分自身が、「コントロールフリーク」のように、楽しいと感じることよりも、やるべきこと、目標設定のために達成すべきことだけを中心に行動していることでした。

沢山のポスト・イットが顔全体を覆っている

やってみたいことだった資格と経験を使った副業のために、やりたいことよりやらなければならないことだけに集中していたために、肉体的にもメンタル的にも疲れてしまっていました。

ところで、「コントロールフリーク」は、英語ではControl freakと言います。
心理学に関連したスラングで、自分の周囲のあらゆる物事がいかに処理されるかを、命令しようと試みる人物を示す用語です。

フルタイムの仕事で、定時の時間内に、「どうやって十分な結果を出すために効率的に業務を進めるか」をいちばんの目標にしてしまっている時が多くあることに気付きました。

効率的に業務を遂行することは大事なのですが、それが目的化しそうになっていたんです。これじゃあかん、と軌道修正しようと考え、転職した理由や、どうして今の仕事に転職したのか、を改めて再認識しました。
私はやらなければならないことだけ、毎日したいわけじゃない。楽しく感じられることを必ず毎日のスケジュールに入れることにしました。

それからは、仕事に効率的に取り組みつつ、楽しい気分にさせてくれることを必ず生活に織りまぜつつ、お仕事と向き合うことに決めました。

・時間ばかり心配しない
・自分自身がいま、感じていることや楽しい気持ち、やりがいにも意識を向ける
・これらはマインドフルネスの考え方と通じるところもある

副業で、やりたいことを早く早く、たくさんやっていきたい想いと、自分自身の思いに向き合うこと、時間に追われない、「自分が心地よい時間の使い方の自分自身のシステム化」も今後大事にしていきたいことです。

人それぞれ、時間に対する感じ方や好みの使い方も違うかと思います。

読んでくださっているみなさんの時間の使い方についてもご意見聞きたいです。

ご質問などありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ABOUT ME
Uchiga-ilife
Uchiga-ilife
今の自分とこれからの自分を大切にするため、やれること、やってみたいことをやってみて、それを発信するマガジンです。国際結婚(イギリス人)・副業・美術教師・キャリアコンサルタント・日本語教師・テキスタイルデザイナー・ヴィンテージマニア・心と体のメンテナンスなどについて書いています。